コインコCafe(クリプト支店)

仮想通貨で失敗しないためにまず読んで欲しいブログ

仮想通貨最大マーケット中国華僑の人口分布を学ぼう

f:id:gomachikun:20191208214925j:plain

今日は中国華僑の人口分布について記事にします。少し仮想通貨とは離れた内容になってしまいますが、情報の流れとして華僑の力はとても強いため、ざっくりでも触れておきましょう。中国国籍以外の中国人はどこの国にどれくらいいるのでしょうか?

仮想通貨最大マーケット中国華僑の人口分布を学ぼう

f:id:gomachikun:20191208215037j:plain

(ヤフーニュースより転載)

10位 ミャンマー 110万人 (華人口、以下同)典型的なミャンマー人の姿で暮らしていることが多く、はっきり華人とはわからない。当地では古くから多くの華人が通婚を重ね、習俗にも溶け込んでいる。華人は世界各地で小商店や中華料理店を開いて居住している。

9位 フィリピン 115万人 マニラ市のチャイナタウンは面積9平方キロ、60万人が居住し「中国城」と呼ばれている。フィリピン華人の90%は福建省人で占められている。

8位 ベトナム 126万人 ホーチミン市のチャイナタウンに約40万人が住む。華人はベトナムの発展に大きく貢献した。そのためチャイナタウンは市内の最も繁華な場所にある。ここは中国的風情を持つ古い建築が多く、その賑わいも昔と何ら変わっていない。

7位 ペルー 130万人華人のペルー移民の歴史は156年を数える。毎年100メートルにわたる唐人街で中国商品展示即売会が開催される。中華料理、工芸品、衣服、民族音楽などを披露、毎年魅力を増し、観客数と売上は増え続けている。

6位 カナダ 136万4000人バンクーバー唐人街は、100年以上の歴史を持つ、世界で最も著名なチャイナタウンの一つ。19世紀、米国カリフォルニアのゴールドラッシュ後に北上しカ ナダに定着した。チャイナタウンの商店は、大多数香港人による経営である。タウンの中には漢字の記念碑が立ち、まるで中国と見間違うばかりである。

5位 シンガポール 279万人 ここでは中国人が最大の民族である。定住以来、多くの華人はさらに勤勉な同胞を吸引し続けた。そして南洋の特色ある建築物や、老舗の商店、有名な廟堂など非常に魅力あふれる街を建設した。

4位 アメリカ 346万人 中国人はすでに米国社会において不可欠の一部分をなしている。米国では各州にチャイナタウンがある。とても米国とは思えないまるごと中国人の街もある。

3位 マレーシア 639万人 マレーシア華人の主要部分は、明王朝、清王朝から中華民国初期にかけて、広東省、広西省、海南省一帯から移住している。マレーシアの華人は古くは、唐人ま たは華人と自称していたが、中華民国成立以降は中国人と称し始めた。マレーシア独立後は、華人、またはマレーシア国民と名乗り、中国人や華僑と自称するこ とはなくなった。

2位 タイ 706万人 考古学者の研究によるとタイ国民族は中華民族の一支流である。1767年、中国潮州系タイ人鄭昭がトンブリ―王朝を建てた。しかし彼1代で終わり、15年後の1882年には現在まで続くチャクリー王朝に変わっている。タイの華人人口は全体の14%を占める。

1位 インドネシア 767万人 史料によると最も早い移住は、唐王朝の晩期、紀元879年に始まっている。インドネシア華人の祖先は1000年以上も前に海を渡り定着した。インドネシア各地には広東会館がある。これらの建設は1880年前後に始まった。

※因みに在日中国人は66万人となっている。

これだけの人数と国に中国華僑がいるとなると、情報発信力があると言うのも納得がいきますよね。

今日のPOINT

中国華僑の人口分布と情報の発信力を知ろう。

🔺のボタンから読者になる、ライン@の登録をお願いします!仮想通貨ブログを毎日更新中!