コインコCafe(クリプト支店)

仮想通貨で失敗しないためにまず読んで欲しいブログ

仮想通貨取引とはビットコインの枚数を増やすゲームである

f:id:gomachikun:20191204001043j:plain仮想通貨にはビットコインを筆頭にイーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、イーサクラシックと言ったような名前の通っている仮想通貨もあれば、日本語で検索をしても出てこないような時価総額の低いコインまで相当数存在してています。通貨数が多い分、様々な将来性を感じて投資をしたくなってしまう。その気持ちわかります(笑)

しかし投資をするにあたり、投資目的がはっきりしていなければ資産を減らしてしまう可能性が格段に上がります。そのため今回は仮想通貨取引を行うにあたりプロのトレーダーが意識している投資目的について勉強しましょう。 

仮想通貨取引とはビットコインの枚数を増やすために行う

仮想通貨市場には莫大な数のコインが存在しますが、市場の専有ドミナンス(時価総額)の7割近くはビットコインによるものとなります。またビットコインよりも部分的に優れていると思われるコインや、技術的に将来性が有りそうなコインは探せば複数見付かるかもしれません。しかしビットコインの価値を作っているのは、ビットコインの技術や将来性だけではありません。

ビットコインの本当の価値は仮想通貨業界という枠を超えた知名度で有り、世界中どこの仮想通貨取引所でも主軸通貨として取り扱われている事でもあり、また円などの法定通貨に直接交換出来ることにあります。

簡単に言うと世界規模での法定通貨と仮想通貨市場全体の架け橋になっているのが、ビットコインという訳です。そのため、仮想通貨トレーダーは、ビットコインの保有枚数を増やす事を目的にトレードを行っています。イーサリアムやリップル、その他オルトコインの魅力ももちろん分かります。

しかし仮想通貨市場は株式市場とは異なり、技術が優れていたり、提携している企業が凄いからと言ってそれが直接コインの値段に反映される程、市場は成熟はしていません。

このような言い方をしてしまうとドライに感じるかもしれませんが、現段階での仮想通貨取引はビットコインの枚数を増やすためのゲームとして投資家が利用していることを理解しておきましょう。
www.coinco.work

今日のPOINT

仮想通貨取引はビットコインの枚数を増やすゲームだと割り切って取引を行おう

🔺のボタンから読者になる、ライン@の登録をお願いします!仮想通貨ブログを毎日更新中!