コインコCafe(クリプト支店)

仮想通貨で失敗しないためにまず読んで欲しいブログ

仮想通貨は大きく分けて3パターンある

f:id:gomachikun:20191204000839j:plain

最近、ニュースやメディアで仮想通貨(暗号通貨)というフレーズをよく耳にするようになりました。ブロックチェーン技術についての将来についてのニュース、Facebook社が仮想通貨を発行すると言ったような身近なニュース、仮想通貨詐欺!やビットコイン値下り!などの悲観的なニュースなど様々であります。

しかしこれだけ様々なニュースがあるのにも関わらず、メディアでは仮想通貨という一つの固有名詞にまとめられてしまう事から仮想通貨を理解するのにイメージが掴みにくい状態となっていると思いませんか?

仮想通貨は3つのカテゴリーに分けられる

f:id:gomachikun:20191204002603j:plain
カテゴリー①
投資・投機的な意味での仮想通貨

例:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ICO(コインの新規発行)

www.coinco.work
www.coinco.work

カテゴリー② 未来の電子決済手段としての仮想通貨

例:リブラ(Facebook社)、DECP(中国政府)

www.coinco.work

カテゴリー③ 案件コイン、MLMの側面を持つ仮想通貨

例:ネットワークビジネス関連コイン

ビットコインが下落したからと言ってリブラのプロジェクト進まない訳ではありません。案件コインに詐欺絡みの報道がされたとしてもビットコインやリブラも詐欺だと言う訳でもありません。またリブラのプロジェクトが不発に終わったとしてもビットコインや案件コインまで無くなってしまうような事ありません。
 
要するにこれらのカテゴリーには基本的に大きな相関関係は無いので、仮想通貨のニュースは受取り側が内容によって切り分けて判断する必要があります。
 
※但し、ビットコインの価格に注目して考えると、リブラ等のプロジェクトの進捗や、案件コインが世界規模の影響を与えた場合には、ビットコインは値段的に大きな受ける可能性があります。
今日のPOINT

仮想通貨と一括りに考えず、仮想通貨をカテゴリー別に考えてニュースやメディアの情報をキャッチする

🔺のボタンから読者になる、ライン@の登録をお願いします!仮想通貨ブログを毎日更新中!